日商簿記検定3級について解説!

簿記
kai
kai

サイト管理人の’kai’です。

kai君、今日は何を教えてくれるの?

ポチ
ポチ
kai
kai

今日は、日商簿記検定3級について教えるよ!
簿記は、お金を管理していく上で必要となる知識だよ。資格試験の合格という目標を掲げて知識を付けていこうね。

日商簿記検定3級とは

日商簿記検定3級とは、業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格となります。基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベルとなります。

日商簿記検定3級の出題範囲は、商業簿記のみとなります。

商業簿記とは、購買活動や販売活動など、企業外部との取引を記録・計算 する技能で、企業を取り巻く関係者(経営管理者・取引先・出資者等)に対し、適切、かつ正確な報告(決算書作成)を行うための手法となります。

受験メリットについて

受験メリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 企業の営業利益や財産を読み取ることが出来る。
  • 中小企業診断士などの他資格において簿記の内容が問われるため、他資格取得にも有利となる。
  • 幅広い企業で評価されるため、就職に有利となる。

試験内容について

試験の実施内容について見ていきましょう。

申込方法

検定試験には、各地商工会議所で受付を行うものとなります。試験の約2ヶ月前から受付が開始されます。

試験日

試験日は、年に3回あります。開催月は以下のようになります。

  • 06月の第2日曜日
  • 11月の第3日曜日
  • 02月の第4日曜日

受験料

受験料は、2,850円(税込)となります。

合格点

合格点は、70%以上となります。

合格率

直近の合格率を見ていきましょう。

合格率
2019年11月43.1%
2019年06月56.1%
2019年02月55.1%
2018年11月43.8%
2018年06月44.3%
2018年02月48.9%

持ち物

持ち物としては、以下のようになります。

  • 身分証明書
  • 筆記用具
  • 電卓(四則演算のみの計算機能を持った電卓)

まとめ

日商簿記検定3級とは、業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格となります。基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベルとなります。