マイクロソフトオフィススペシャリスト試験について解説!

MOS
kai
kai

サイト管理人の’kai’です。

kai君、今日は何を教えてくれるの?

ポチ
ポチ
kai
kai

今日は、MOS試験について教えるよ!
MOSを知って資格を取得することにより、仕事においてWord・Excel等を使用していれば、作業効率が図れるようになるよ。

MOS試験とは

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)とは、WordやExcelなどのマイクロソフトオフィス製品を使用するスキルがあること証明出来る資格のことを言います。

メリット

MOSを取得するメリットとしては、以下のようになります。

  1. パソコンスキルの向上
  2. 業務や作業の効率向上
  3. 就職・転職時の能力説明
  4. 世界共通の国際資格

試験レベルについて

MOSの試験には、以下のような試験があります。

スペシャリストよりエキスパートの方が上級資格となります。

スペシャリストエキスパート
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook

この試験の内、主な試験について解説していきます。

Word

スペシャリスト

文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解していることが必要となります。

エキスパート

スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど、Wordでの高度な機能を理解していることが必要となります。

Excel

スペシャリスト

数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解していることが必要となります。

エキスパート

ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解していることが必要となります。

受験について

受験には、全国一斉試験・随時試験の2つの方法があります。それぞれについて、合わせて見ていきましょう。

申込方法

全国一斉試験

試験日の1ヶ月~1ヶ月半前から申し込み開始し、インターネット・郵送での申込を行います。

随時試験

試験を実施する会場ごとで申込方法が異なります。各会場のサイトを確認するようにしましょう。

試験日

全国一斉試験

月に1~2回で実施されます。

随時試験

試験を実施する会場ごとで試験日が異なります。各会場のサイトを確認するようにしましょう。

受験料

スペシャリスト試験は、「9,800(税別)」で受験出来ます。

エキスパート試験は、「11,800(税別)」で受験出来ます。

まとめ

MOSとは、WordやExcelなどのマイクロソフトオフィス製品を使用するスキルがあること証明出来る資格のことを言います。

資格を取得することにより、パソコンでの資料作成などの業務効率を図ることが出来てきます。

仕事で出来る存在となる一歩として取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です