IT系の資格試験について解説!

2. 資格試験
kai
kai

サイト管理人の’kai’です。

kai君、今日は何を教えてくれるの?

ポチ
ポチ
kai
kai

今日は、IT系の資格試験について教えるよ!
インターネットが復旧した現代において、IT関連の知識は必須になり始めているよ。どういった資格があるか理解し、自身に合った資格の勉強をすることで知識を付けていくようにしよう。

IT系の資格試験について

ITは社会の隅々まで深く浸透し、どのようなビジネスにおいてもITが必要な時代となっています。

このため、以下のような点でITの知識が必須と言えます。

  • どのような業種・職種でも、ITと経営全般に関する総合的知識が不可欠となっている。
  • 事務系・技術系、文系・理系を問わず、ITの基礎知識を持ち合わせていなければ、企業の戦力にはなりえない。
  • グローバル化、ITの高度化はますます加速し、「英語力」と共に、「IT力」を持った人材を企業は求められる。

上記より、IT系の資格試験はビジネスを行う上で必要なことを学べる機会となります。

国家資格について

国家資格とは、法律に基づいて国や国から委託を受けた機関が実施する資格のことを言います。有資格者は、知識や技術が一定水準以上に達していることを国によって認定されたことになります。弁護士などの資格習得が業務遂行のための必須条件となっている業務独占資格や、中小企業診断士などの有資格者だけが名乗ることを認められている名称独占資格、特定の事業を行う際に法律で義務づけられている設置義務資格(宅建など)があります。取得は困難ですが、国から職業的な地位を保障され、社会的な信用度も高い資格となります。

ベンダー資格について

ベンダー資格とは、IT関連製品を製造・販売するベンダーが、自社で開発した製品についてそのユーザーが適切な操作技術や管理技術を満たしていることを認証することを目的とした民間資格制度のことを言います。具体的には、企業自身や企業が出資した関連団体が試験・資格制度を主催・運営しており、受験者に筆記・実技など1科目から数科目のテストを課し、一定の成績基準を満たした者に対して証明書の発行などを行うことになります。

まとめ

IT系の資格試験はビジネスを行う上で必要なことを学べる機会となります。

国家資格・ベンダー資格があり、能力を証明するための資格試験はいくつか開催されています。