資格試験について解説!

2. 資格試験
kai
kai

サイト管理人の’kai’です。

kai君、今日は何を教えてくれるの?

ポチ
ポチ
kai
kai

今日は、資格試験について教えるよ!
資格試験は、自己を成長させるための手段の一つだよ。どういった区別がされ、実施されているか理解していこうね。

資格試験とは

資格試験とは、ある資格にふさわしい能力があるかどうかを調べる試験のこと言います。

資格とは、ある行為を行うために必要、もしくは、相応しいとされる地位や立場のことを言います。さらに、仕事上で任務に就くために必要な条件として公にみとめられる能力のことを言います。

資格の種類について

資格の種類について見ていきましょう。

国家資格とは

国家資格とは、法律に基づいて国や国から委託を受けた機関が実施する資格のことを言います。有資格者は、知識や技術が一定水準以上に達していることを国によって認定されたことになります。弁護士などの資格習得が業務遂行のための必須条件となっている業務独占資格や、中小企業診断士などの有資格者だけが名乗ることを認められている名称独占資格、特定の事業を行う際に法律で義務づけられている設置義務資格(宅建など)があります。取得は困難ですが、国から職業的な地位を保障され、社会的な信用度も高い資格となります。

ベンダー資格とは

ベンダー資格とは、IT関連製品を製造・販売するベンダーが、自社で開発した製品についてそのユーザーが適切な操作技術や管理技術を満たしていることを認証することを目的とした民間資格制度のことを言います。具体的には、企業自身や企業が出資した関連団体が試験・資格制度を主催・運営しており、受験者に筆記・実技など1科目から数科目のテストを課し、一定の成績基準を満たした者に対して証明書の発行などを行うことになります。

日本の資格一覧

日本の国家資格の例をいくつか挙げていきます。

  • 司法試験
  • 医師国家試験
  • 美容師・管理美容師
  • 基本情報技術者
  • ウェブデザイン技能検定
  • 運転免許
  • 小学校教諭免許状・中学校教諭免許状・高等学校教諭免許状
  • 保育士
  • 介護福祉士
  • 栄養士・管理栄養士
  • 薬剤師
  • 看護師
  • 中小企業診断士
  • 気象予報士

他にも沢山ありますが、こういった資格が国家資格となります。

まとめ

資格試験とは、ある資格にふさわしい能力があるかどうかを調べる試験のこと言います。