簿記の基礎知識を分かりやすく解説!!

簿記
kai
kai

サイト管理人の’kai’です。

kai君、今日は何を教えてくれるの?

ポチ
ポチ
kai
kai

今日は、日商簿記検定2級について教えるよ!
簿記は、お金を管理していく上で必要となる知識だよ。基礎知識のみでも理解しておくことは重要だよ。

簿記とは

簿記とは、企業の活動における収支のやり取りを帳簿に記録し、報告する手段のことを言います。

記録した帳簿を基に、2種類の報告書(貸借対照表・損益計算書)を作成します。貸借対照表・損益計算書は、まとめて財務諸表と言います。

簿記で記録する際、借方・貸方を基に記録します。借方の場合は左側に記録し、貸方の場合は右側に記載します。借方・貸方の合計額は必ず一致するようになっています。

簿記で記録する際、活動により増減した要素を資産・負債・純資産・収益・費用の5つに分類します。

要素を貸方・借方のどちらに記載するかは、貸借対照表と損益計算書の記載位置に基づいて記録します。

資産とは

資産とは、現金・建物・土地などといった一般的に財産と呼ばれる物を指します。資産は、「あると嬉しい物」と考えましょう。

主に、現金・売掛金・商品・貸付金・建物・土地と言った物が該当します。

資産は、借方に該当する要素のため、増加する場合は左側に記載して減少する場合は右側に記載します。

負債とは

負債とは、後にお金を支払わなければいけない義務のことを指します。負債は、「あると気が重い物」と考えましょう。

主に、買掛金・借入金と言った物が該当します。

負債は、貸方に該当する要素のため、増加する場合は右側に記載して減少する場合は左側に記載します。

純資産とは

純資産とは、資産の合計から負債の合計を差し引いた物を指します。

純資産は、商売を始める上で初期に用意したお金(出資額)と商売によって儲けたお金で構成されます。

主に、資本金といった物が該当します。

純資産は、貸方に該当する要素のため、増加する場合は右側に記載して減少する場合は左側に記載します。

収益とは

収益とは、外部から受け取った収入のことを指し、純資産を増やす原因となる物を指します。収益は、「純資産を増やす原因となる物」と考えましょう。

主に、売上・受取利息・受取手数料が該当します。

収益は、貸方に該当する要素のため、増加する場合は右側に記載して減少する場合は左側に記載します。

費用とは

費用とは、収益を得る為に必要となった支出のことを指し、純資産を減らす原因となる物を指します。費用は、「収益を得る為に必要な支出で純資産を減らす原因となる物」と考えましょう。

主に、仕入・給料・水道光熱費・広告宣伝費・支払利息・支払手数料・支払保険料が該当します。

費用は、借方に該当する要素のため、増加する場合は左側に記載して減少する場合は右側に記載します。

簿記の目的は

簿記の目的は、貸借対照表や損益計算書といった資料を基に企業の財政状態や経営成績を報告することになります。

貸借対象表とは

貸借対象表とは、企業の財産状況(財政状態)をまとめた報告資料のことを言います。

貸借対照表は、左側に資産となる要素を記載し、右側に負債と純資産となる要素を記載します。

貸借対照表は、「Balance Sheet」と呼ばれ、「B/S」と表記されることがあります。

損益計算書とは

損益計算書とは、企業の一定期間における収益と費用(経営成績)をまとめた報告資料のことを言います。

損益計算書は、左側に費用となる要素を記載し、右側に収益となる要素を記載します。費用と収益を基に、当期純利益・当期純損失を算出して記載します。

損益計算書は、「Profit & Loss Statement」と呼ばれ、「P/L」と表記されることがあります。

帳簿の記録方法について

企業は、日々の活動を仕訳という方法によって記録します。

仕訳とは、勘定科目と金額のみで活動を示す方法のことを言います。

また、勘定科目とは、仕訳を行う際の簡易な用語のことを指し、記録する人により記録内容に差異が出ないように定められた用語のことを言います。勘定科目は、5要素の何れかに分類します。

日々の仕訳を通常は1年に1度、財務諸表にまとめる機会を持ちます。この財務諸表をまとめるまでの期間を、会計期間と言います。

会計期間の開始日を期首と言い、終了日を期末、または、決算日と言います。期首から期末までのことを期中と言います。

また、現在の会計期間を当期と言い、1つ前の会計期間を前期と言い、1つ後の会計期間を次期と言います。

会計期間は、お店の場合は「01/01~12/31」の間となり、会社の場合は任意に定めることが出来ます。

仕訳の流れ

以下の流れで仕訳を行う。

  1. 5要素を選択する。
  2. 要素の増減を考える。借方・貸方の判断をする。
  3. 適切な勘定科目を選択する。
  4. 勘定口座に記入する。転記する。(※勘定口座とは、勘定科目毎に集計した表のことを指し、勘定口座を一つにまとめた表のことを総勘定元帳と言います。)

まとめ

簿記とは、企業の活動における収支のやり取りを帳簿に記録し、報告する手段のことを言います。

簿記を用いて作成した貸借対照表・損益計算書を基に企業の財政状態や経営成績を確認していきます。

企業の活動は、仕訳という方法により以下のように記録していきます。

  1. 5要素を選択する。
  2. 貸借の判断をする。
  3. 適切な勘定科目を選択する。
  4. 転記する。