インデックスファンドとは何?初心者でも分かるように解説!!

投資信託

サイト管理人の’kai’です。( `・∀・´)ノヨロシク

今回は、投資信託の一つのインデックスファンドについて説明していきます。

インデックスファンドは、長く運用して資産を増やす上では世界中から評価されている手法になります。しっかりと理解して資産を増やしていきましょう。

投資信託とは

先ずは、投資信託とは何でしょうか?

投資信託とは、投資家から集めたお金を一つにまとめ、投資の専門家が国内外の株式や債券などに分散投資を行い、その運用結果を投資家へ分配する金融商品のことを言います。

詳細については、以下の記事に記載しています。

インデックスファンドとは

それでは、インデックスファンドとは何でしょうか?

インデックスファンドとは、市場全体の動きを表す指標(インデックス)と同じような値動きをするように運用される投資信託の1つです。

インデックスファンドのメリット・デメリット

メリット

市場連動

インデックスファンドは、市場の値動きと連動させるため、新聞やテレビなどの情報により値動きを推測することが出来ます。

分散投資

インデックスファンドは、値動きを市場と同じにするために指標を構成する銘柄を概ね同じ比率で保有することが必要となります。このため、自然と分散投資していることとなります。

運用コストが低い

インデックスファンドは、上記で述べていますが、市場と連動を目指すために、ほぼ同じ銘柄を概ね同じ構成比率で保有するため、銘柄調査費用等が発生しません。このため、コストが抑えられていきます。

デメリット

ハイリターンが期待出来ない

インデックスファンドは、市場の指数と連動する商品のため、市場平均以上に儲けを得ることが出来ません。

まとめ

インデックスファンドについて、まとめました。

インデックスファンドは、市場の動きに連動するように運用する手法のため、市場平均以上のリターンは期待出来ないですが、堅実に資産を運用することが出来ます。