Excelショートカットキーについて解説!

IT

サイト管理人の’kai’です。( `・∀・´)ノヨロシク

今回は、Excelのショートカットキーについて解説していきます。

ショートカットキーを覚えることにより、作業スピードを効率良くすることが出来ます。

ショートカットキーについて

No.ショートカットキー解説
1[Ctrl] + [C]選択範囲のコピー
2[Ctrl] + [X]選択範囲の切り取り
3[Ctrl] + [V]選択範囲の貼り付け
4[Ctrl] + [Z]直前の変更を元に戻す
5[Ctrl] + [Y]直前の操作の繰り返し
6[Ctrl] + [S]ファイルを上書き保存
7[Ctrl] + [F]検索
8[Ctrl] + [A]全選択
9[Shift] + [F11]シートの追加
10[F2]選択中のセルの編集状態を変更 
11[F12]名前を付けて保存
12[Ctrl] + [1]「セルの書式設定」ダイアログボックスの表示
13[Ctrl] + [H]置換
14[Ctrl] + [N]新しいブックを開く
15[Ctrl] + [Shift] + [矢印]データの最後まで一括選択
16[Ctrl] + [Shift] + [`]数式の表示
17[Ctrl] + [Shift] + [+]セル、行、列の挿入
18[Ctrl] + [-]セル、行、列の削除
19[Ctrl] + [スペース]列を全選択
20[Shift] + [スペース]行を全選択
21[Ctrl] + [F1]リボンの表示/非表示
22[Ctrl] + [P]印刷ダイアログボックスの表示
23[Shift] + [Alt] + [=]Sum関数
24[Ctrl] + [矢印]データの最後まで移動
25[Ctrl] + [PageUp]左のシートに移動
26[Ctrl] + [PageDown]右のシートに移動
27[Shift](※列 or 行を選択した状態)選択中の列 or 行 を挿入
28[Ctrl] + [Shift] + [L]フィルター
29[Shift] + [F10]ショートカットコマンドを開く
30[Shift] + [F9]シートの再計算

まとめ

Excelのショートカットキーについてまとめました。

ショートカットキーを有効活用することにより、作業スピードが良くなります。

お仕事などで有効活用してみてください。