老後に2000万円が必要って本当?分かりやすく解説!!

サラリーマン

サイト管理人の’kai’です。( `・∀・´)ノヨロシク

今回は、巷で老後の生活で2000万が必要となると言われていますが、その内容について解説していきます。

噂になっていることについて、意味を理解することにより対応が変わってきます。

老後資金に2000万円必要と言われている理由

老後資金に2000万円必要と言われている理由は、金融審議会という所が発表した「高齢社会における資産形成・管理」という報告書内でそのような結果が発表されたからです。

報告書内の収支の数字をまとめると、「男性65歳、女性60歳の世帯の支出が平均で約26.4万円、収入が月平均約20.9万円として、月平均が5.5万円の不足が生じ、30年生存する場合には1980万円が不足として生じる」と言った内容になります。

ただし、この収入の内訳を見ると以下のようになります。

社会保険料約19.2万円
勤め先収入約0.4万円
事業収入約0.4万円
その他収入約0.9万円

収入の内容としては、会社員として勤めた人が年金として満額貰える想定で考えられている内容になります。このため、年金の支給額や会社員勤めではないといった場合には2000万円では事足りないといった状況になります。

また、年金制度により支給額も変動するために将来的には更に必要となる可能性もあります。年金制度ついては、以下の記事でまとめていますので参考にしてください。

まとめ

老後の生活で2000万が必要となるという内容についてまとめました。

2000万円という数値の実態を考えると、実際には更に必要となることが想定されます。

そのため、今から備えをしっかりとしておかないと、老後に余暇を楽しむことが出来ずに働き続けるといったことになります。今から出来ることを少しずつ行っていきましょう。