投資信託のメリット・デメリットについて考察!!

投資信託

サイト管理人の’kai’です。( `・∀・´)ノヨロシク

今回は、投資信託のメリット・デメリットについて説明していきます。

メリット・デメリットを知ることにより、対応するかどうかの判断が出来ますし、予防することも出来ます。

投資信託とは

先ずは、投資信託とは何でしょうか?

投資信託とは、投資家から集めたお金を一つにまとめ、投資の専門家が国内外の株式や債券などに分散投資を行い、その運用結果を投資家へ分配する金融商品のことを言います。

詳細については、以下の記事に記載しています。

投資信託のメリット・デメリット

それでは、メリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット

少額投資

投資信託は、複数の投資家より資金を集めて運用するため、各個人の投資額は少額(多くのものは1万円)から始めることができます。

専門家の運用

投資信託は、経済・金融などに関する知識を身につけた専門家が、投資家に代わって運用します。

分散投資

投資信託は、様々な投資対象を運用に組み入れているため、投資家が分散投資出来るようになります。

投資先を分散することにより、リスクを軽減することが出来ます。

投資先の種類が豊富

投資信託は、さまざまな種類のファンドがあり、投資したい国や資産を自身で選ぶことが出来ます。

デメリット

元本保証ではない

投資信託は、株式や債券などで運用しているために価格が変更します。このため、元本が保証されていません。

各種手数料がかかる

投資信託は、購入手数料・運用管理費用・信託財産留保金といった手数料が必要となってきます。

まとめ

投資信託のメリット・デメリットについてまとめました。

投資には、メリット・デメリットがあります。内容を理解して始めることにより落ち着いて対応することが出来ます。

メリット・デメリットを理解して取り組むようにしましょう。