【簿記3級】試験合格へ向けた歩み~[学習]試算表について~

簿記
kai
kai

サイト管理人の’kai’です。

kai君、今日は何をするの?

ポチ
ポチ
kai
kai

今日は、僕の簿記3級の合格へ向けた活動について共有するよ!
今回は、参考書を読んで学んだことを共有していくよ。
内容としては、試算表についての内容になるよ。

簿記3級について

kai
kai

先ず、試験の概要については、以下に記載してあるから読んでみてね。

試算表について

kai
kai

それでは、試算表について見ていきましょう。

試算表とは

試算表とは、仕訳から総勘定元帳に転記する際にミスがないかを検証する為、決算時や月末に作成する表のことを言います。

試算表の借方・貸方の合計金額は必ず一致します。一致していない場合は、勘定記入にミスがあることになります。

試算表の作成

試算表には、合計試算表・残高試算表・合計残高試算表があります。

合計試算表の作成

合算試算表は、各勘定の借方合計、および、貸方合計を集計します。

残高試算表の作成

残高試算表は、各勘定の残高を借方、または、貸方に集計します。

合計残高試算表の作成

合計残高試算表は、合計試算表と残高試算表を合わせた試算表です。

試算表の試験対応

試算表の解答手順は以下のようになる。

  1. 取引の仕訳をする。
  2. Tフォームに転記する。
  3. 試算表に記入する。
  4. 掛明細表などに転記する。

試験としては、「取引が日付順に与えられているパターン」と「取引が項目別に与えられているパターン」に2パターンが存在している。

それぞれのパターンを解答手順に沿って、対応する。