【簿記3級】試験合格へ向けた歩み~[学習]帳簿について①~

簿記
kai
kai

サイト管理人の’kai’です。

kai君、今日は何をするの?

ポチ
ポチ
kai
kai

今日は、僕の簿記3級の合格へ向けた活動について共有するよ!
今回は、参考書を読んで学んだことを共有していくよ。
内容としては、帳簿についての内容になるよ。

簿記3級について

kai
kai

先ず、試験の概要については、以下に記載してあるから読んでみてね。

帳簿について

kai
kai

それでは、帳簿について見ていきましょう。

主要簿と補助簿

主要簿とは、必ず作成しなければならない帳簿のことを言います。帳簿の種類としては、仕訳帳と総勘定元帳となります。

補助簿とは、特定の取引や勘定について明細を記録する帳簿で、必要に応じて作成される帳簿のことを言います。補助簿は、特定の取引の明細を記録する補助記入帳と、特定の勘定について項目別に記録する補助元帳に分けられます。

補助記入帳

  • 現金出納帳
  • 当座預金出納帳
  • 小口現金出納帳
  • 仕入帳
  • 売上帳
  • 受取手形記入帳
  • 支払手形記入帳

補助元帳

  • 売掛金元帳
  • 買掛金元帳
  • 商品有高帳

仕訳帳と総勘定元帳

仕訳帳の記入例

  1. 日付欄には、取引が発生した日付を記入する。
  2. 摘要欄には、勘定科目を記入する。左側が借方の勘定科目、右側が貸方の勘定科目です。
  3. 勘定科目の下に取引の概要をメモする。
  4. 同じ側に勘定科目が複数ある場合には、複数の勘定科目の上に「諸口」と記入する。
  5. 元丁欄には、転記先の総勘定元帳の番号を記入する。
  6. 金額欄には、仕訳の金額を借方と貸方に分けて記入する。

総勘定元帳の記入例

  1. 仕訳の借方科目は該当する勘定の借方に記入する。
  2. 仕訳の貸方科目は該当する勘定の貸方に記入する。
  3. 日付欄には、日付を記入する。
  4. 摘要欄には、仕訳の相手科目を記入する。
  5. 仕丁欄には、転記元の仕訳帳の番号を記入する。
  6. 借方欄には仕訳の借方の金額を、貸方欄には仕訳の貸方の金額を記入する。
  7. 仕訳の相手科目が複数のときは、「諸口」と記入する。

元丁欄と仕丁欄の記入

  1. 総勘定元帳の現金勘定の番号を記入する。
  2. 総勘定元帳の資本金勘定の番号を記入する。
  3. 転記元の仕訳帳のページ数を記入する。