【簿記3級】試験合格へ向けた歩み~[学習]有価証券と固定資産について~

簿記
kai
kai

サイト管理人の’kai’です。

kai君、今日は何をするの?

ポチ
ポチ
kai
kai

今日は、僕の簿記3級の合格へ向けた活動について共有するよ!
今回は、参考書を読んで学んだことを共有していくよ。
内容としては、有価証券と固定資産についての内容になるよ。

簿記3級について

kai
kai

先ず、試験の概要については、以下に記載してあるから読んでみてね。

有価証券と固定資産について

kai
kai

それでは、有価証券と固定資産について見ていきましょう。

有価証券

有価証券とは、株式会社が発行する株式や社債、国が発行する国債、地方自治体が発行する地方債などを言います。

また、国債、地方債、社債をまとめて公社債と言います。

また、株式等は時価で売買することができ、売却することによってお金に換えることが出来ます。つまり、「お金に換えられる、価値の有る証券」なので、有価証券と言います。

kai
kai

有価証券は、株式会社や国、地方自治体が、資金を集めるために発行するものになるよ。株式会社等が株式等を発行し、これを一般の人や他の企業が買うことによって、株式会社等は資金を集めることが出来るよ。
ただし、何の見返りもなく、株式等を買う人はいないので、株式会社等は購入者に対して配当金や利息を支払うことになるよ。

取得原価

取得原価とは、有価証券を購入するために支払った金額のことを言います。

  • 有価証券の取得原価の計算式

有価証券の取得原価 = 購入代価 + 付随費用

購入代価とは、有価証券の本体価格のことを言います。

付随費用とは、証券会社に支払った売買手数料のことを言います。手数料などの付随費用は取得原価に含めます。

  • 株式の取得原価の計算式

株式の取得原価 = 購入単価 × 購入株数 + 付随費用

購入代価が、「購入単価 × 購入株数」となります。

購入単価は、1株あたりの単価となります

  • 公社債の取得原価の計算式

公社債の取得原価 = 購入単価 × 購入口数 + 付随費用

購入代価が、「購入単価 × 購入口数」となります。

購入単価は、1口あたりの単価となります。

購入口数は、「公社債の額面総額 / 100円」となります。

固定資産

固定資産とは、建物や備品、土地、車両運搬具など、企業が活動するために長期にわたって使用する資産のことを言います。

  • 固定資産の例について
名称説明
建物店舗、事務所、倉庫など
備品机、いす、応接セット、陳列棚、パソコンなど
土地店舗、事務所、倉庫などの敷地
車両運搬具商品配送用トラック、営業用車両など
  • 固定資産の取得原価の計算式

固定資産の取得原価 = 購入代価 + 付随費用

購入代価は、固定資産の本体価格となります。

付随費用は、仲介手数料・登記料・設置費用などとなります。仲介手数料や設置費用などの付随費用は取得原価に含めることになります。