【簿記3級】試験合格へ向けた歩み~[学習]商品売買について~

簿記
kai
kai

サイト管理人の’kai’です。

kai君、今日は何をするの?

ポチ
ポチ
kai
kai

今日は、僕の簿記3級の合格へ向けた活動について共有するよ!
今回は、参考書を読んで学んだことを共有していくよ。
内容としては、商品売買の際に発生する処理についてになるよ。

簿記3級について

kai
kai

先ず、試験の概要については、以下に記載してあるから読んでみてね。

商品売買について

kai
kai

それでは、商品売買に関する簿記の内容を見ていきましょう。
先ずは、用語について見ていきましょう。

以下が、商品売買における説明の際に、必要となってくる用語になります。

用語説明
仕入れ商品を買ってくること
原価
(仕入原価)
仕入れたときの金額
売上げ商品を売ること
売価販売したときの金額
仕入先商品を仕入れた相手先のこと
得意先商品を売り上げた相手先のこと
kai
kai

一度は、耳にしたことがある用語だと思います。
それでは、各簿記の処理を見ていきましょう。

三分法と分記法

kai
kai

先ずは、三分法と分記法という方法です。

商品売買をした際、処理方法は三分法・分記法という2つの処理方法があります。

三分法とは、商品の売買について「仕入」「売上」「繰越商品」の3つの勘定で処理する方法のことを言います。

分記法とは、商品の売買について「商品」「商品売買益」の2つの勘定で処理する方法のことを言います。

掛け取引

kai
kai

次に、掛け取引について見ていきましょう。

掛け取引とは、商品代金の支払い・受取りを後日行う取引のことを言います。

この取引は、一定頻度で特定の場所から商品を仕入れたりする際に都度お金を払うのは大変なので月末に一括で支払う等といった対応の際に行います。

代金を後で支払うことを買掛金と言い、代金を後で受取ることを売掛金と言います。

返品と値引き

kai
kai

次に、返品と値引きについて見ていきましょう。

返品とは、商品の品違い等を理由に商品を仕入先に戻したり、得意先から商品が戻ってくることを言います。

仕入れた商品を返品することを仕入戻しと言い、売り上げた商品を返品することを売上戻りと言います。

また、商品の品質不良や汚損を理由に仕入商品の代金をまけてもらうことを仕入値引と言い、売上げた商品の代金をまけてもらうことを売上値引と言います。

諸掛り

kai
kai

最後に、諸掛りについて見ていきましょう。

諸掛りとは、商品を取引先に発送する際に運賃などの費用のことを言います。

商品を仕入れる際に掛かった費用を仕掛諸掛りと言い、商品を売り上げる際に掛かった費用を売上諸掛りと言います。